話題な出来事・人物

女性教諭と男子生徒の学校名は?顔画像や名前も調査!

10月22日、茨城県教育委員会は県西地域にある特別支援学校の女性教諭(41)を戒告処分にしたことを発表しました。

この発表では、戒告処分された女性教諭と特別支援学校に通っている男子生徒が交際していたことが原因のようです!

そこで今回は「女性教諭と男子生徒の学校名は?顔画像や名前も調査!」というテーマでご紹介していきます。

女性教諭と男子生徒がいる学校名は?

今回、報道された軽度の知的障害がある男子生徒(16)と、その生徒に告白されて交際した女性教諭ですがその2人がいる学校名については発表されておらず、茨城県西地域の県立特別支援学校という概要だけが出ていました。

まずは茨城県にある特別支援学校が22校あり、そのうち報道の概要にもある茨城県西部に絞ると、

  1. 下妻特別支援学校
  2. 協和特別支援学校
  3. 結城特別支援学校
  4. 境特別支援学校

この4校になります。

そして1番にある「下妻特別支援学校」は肢体不自由の方が通う学校なので、今回は軽度の知的障害ということで当てはまりません。

よって2~4番の3つの学校のいずれかになります。

3つの学校のそれぞれの場所はこちらです。

「協和特別支援学校」

「結城特別支援学校」

「境特別支援学校」

交際していた女性教諭の名前や顔画像を調査!

今回、戒告処分された女性教諭の名前や顔画像について調査してみたのですが公表されておらず分からずじまいでした。

年齢が41歳ということだけわかっていて、男子生徒が16歳ということでしたのでもしかすると男子生徒のご両親ぐらいだったかもしれませんね。

女性教諭の名前や顔画像については情報が入り次第、追記していきます!

過去に生徒と教師の関係が話題になったニュース

今回は男子生徒の親が公認していたとはいえ、戒告処分になってしまったことは確かです。

そんな教師と生徒の関係は過去にもありました。

その中でも石田郁子さんのニュースは当時話題になりましたね。

この関係は今回の関係とは違い良くないものでしたが、これも一応は生徒と教師です。

生徒と教師の関係は危険なことが多いような気がしますね…。

保護者公認の中で寛大な処分とは一体何?

今回の報道で男子生徒の保護者はこの関係を受けて、公認をしていたので茨城県教育委員会に対して教諭への寛大な処分を求める意見書を提出しました。

これには茨城県教育委員会も意見書を考慮した上で、この結果になったようです。

ちなみに、戒告処分というのは簡単に言うといろいろな処分の中でも一番軽い処分です。

それでも昇格や昇給に問題が出る場合がありますが、戒告処分担っただけまだマシかも知れませんね。

今回のニュースの概要

今回のニュースの概要です。

生徒と交際していたとして、茨城県教育委員会は22日、県西地域の県立特別支援学校の女性教諭(41)を戒告の懲戒処分とした。

発表によると、教諭は担任をしていた高等部の男子生徒(16)から告白され、今年1月に交際を始めた。

週末にショッピングセンターなどに行き、帰り際にキスをしたこともあった。
今年7月、同校職員が2人を見かけたことがきっかけで発覚した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

見つかってしまったのはもう仕方がないですね。

これからの関係はどうなるかが期待です。

ネットの声

最後にネットの声を集めてみました。

生徒からなのか…

これは複雑だなぁ。「母子」の関係なのかもしれないなぁ。

愛って凄いなぁー。

これ、男女逆だったらどうなってただろう?男性×女性の力関係は認識が浸透してきたが、大人×子どもの力関係はまだまだ認識されてない。

男性教諭が女子生徒と交際・キスまでしても戒告で済むの?保護者が許しても免職でしょ。

〈スポンサーリンク〉

-話題な出来事・人物

© 2021 キシリ情報局