事件・事故

行武忠幸の顔画像について調査!「30代が60代の言いなりになったワケ」

2022年4月17日、静岡県沼津市の観光スポットで男性に首をつらせ殺害したとして、行武忠幸容疑者(64)が逮捕されました。

行武忠幸容疑者は16日の午前6時に、沼津市にある観光スポット「出逢い岬」の駐車場で男性に首をつらせ、殺害した疑いが持たれています。

今回の事件では通報に至った経緯などが珍しく、世間では話題になっています。

そこで今回は行武忠幸容疑者の顔画像やその他について調査していきます。

行武忠幸の顔画像やプロフィールを調査

行武忠幸容疑者の顔画像やプロフィールについて調査をしました。

まず、顔画像についてですが報道ではこのように映し出されていました。

すごい前傾姿勢になっていていて、顔画像については判明していないというのが現状です。

この画像から見るに、行武忠幸容疑者の身長は150~160センチの間ではないかと推定できますね。

そして現状わかっているプロフィールはこちらです。

  • 名前:行武忠幸
  • 年齢:64歳
  • 住所:愛知県岡崎市井内町
  • 職業:不詳

住所が愛知県とありますが、5chではこのような声も出ています。

事件が起きたのは愛知県ですが、わざわざ静岡県に来てまでこのようなことをする必要があったのでしょうか。

そして今回の事件の調査を進めていくうちに、5chでこんなことがわかりました。

遺体が見つかった際、男性の60代の父親も近くにいて、「お互いに首をつって自殺しようとしたが、自分は死にきれなかった」と話していたということです。

警察で、男性が死亡した経緯などを慎重に調べています。

どうやら行武忠幸容疑者は、お互いに首を吊って心中を図ろうとしていたのですね。

その結果、息子とみられる方は亡くなってしまい自分だけ生き残った挙げ句、逮捕という事になってしまったということでしょう。

これは救われない事件ですね…。

行武忠幸の自宅を調査「愛知県岡崎市井内町」

行武忠幸容疑者の自宅を調査しました。

こちらをいろいろ調べていた所、とあるサイトにて行武忠幸容疑者の自宅について報道よりも詳しい情報が記載されていました。

その結果、行武忠幸の自宅は「愛知県岡崎市井内町」である事がそのサイトから得られました。

報道されていた「愛知県岡崎市」までだとマップではこの範囲になります。

そしてこの赤い丸で囲まれている部分が、今回の調査で分かった「愛知県岡崎市井内町」です。

市から町までを分割するとかなり小さくなりますね。

マップから見てみると、一般的な住宅街やちょっとしたカフェやコンビニがある至って普通の街ですね。

そしてこの愛知県岡崎市井内町から今回の事件の現場である静岡県にある「出逢い岬」まではこのような距離です。

やはり県をまたぐだけあって車で3時間とかなり長い距離ですね…。

わざわざこの距離があるところまで心中を図ろうとしていたと考えると、よほどこの地に思い入れでもあったのかもしれません。

今回の事件現場「出逢い岬」とは

今回の事件の現場である「出逢い岬」は沼津市戸田の海岸沿いにあるちょっとした休憩スペースです。

出逢い岬にある輪っかのようなオブジェからは画像のように富士山を展望できて、思わず写真を取りたくなってしまうものですね。

この「出逢い岬」という名前の由来は諸説あるようですが、5chではこのようなことが記載されていました。

全盛期は主に軽やデミオに乗った女2人組の車が数台来て
それを目当てに野郎が乗った十数台の車がこの駐車場に集まった。
それで出会い岬と呼ばれるようになり正式な名称となった。

要は出会い岬までドライブで来た女性と出会いを求めるために男性がわざわざ出会い岬まで来たということですね。

一昔前まではこのように直接現地に赴いて、出会いを求めるということがあったんですね。

名前の由来が、わりとそのままかつシンプルでとてもいいと思います。

行武忠幸の職業は?

行武忠幸容疑者の職業は不詳と報道されていましたが、実際はどうなのかを調べました。

調べてみましたが、行武忠幸容疑者の職業は何か、現時点では判明していません。

5chなどではこのように「ヤクザ」といった投稿もされていますが、報道で確認されている行武忠幸容疑者を見るに、なかなか想像しにくいといったところですね。

個人的なヤクザのイメージですが、もっといかつくてこうした報道のときも堂々としているような気がします。

といったように、行武忠幸容疑者はどんな業種の仕事をしているのか、全く想像することができない状況です。

しかし、報道では愛知県岡崎市とまで公表されていましたので、もしも働いているとしたら岡崎市周辺で働いている可能性が高いでしょう。

こちらも個人的なイメージですが、職業不詳となっているので結局のところ無職じゃないかなと思いますが、真相はどうなのでしょうか。

ちなみに、グーグルマップにて「岡崎市 会社」と検索をしてみるとこのような結果になりました。

あまり会社数は少ないですが、およそ20件ほどの会社がありますね。

64歳ということで定年直前ですので、会社に入っている可能性はとても低いと思われますが…。

今後SNSや5chなどの掲示板で新しい情報が出次第、追記させていただきます

行武忠幸のFacebookを調査

行武忠幸のフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「行武忠幸」と検索窓に入力をして検索をかけましたが、行武忠幸容疑者と同姓同名の人物のアカウントはヒットしませんでした。

行武忠幸容疑者は64歳ということですので、年齢的にFacebookアカウントを持っていない可能性が高いのではないかと考えられます。

特に50~60代以上になってくると、なかなかFacebookのアカウントやそもそもスマホを持っていないという方もいます。

行武忠幸容疑者のFacebookアカウントを特定でき次第、追記させていただきます。

行武忠幸の犯行動機が悲惨

行武忠幸容疑者は今回の事件で逮捕されてしまいましたが、そももそ通報の経緯から犯行と言って良いのかどうか疑問です。

今回の事件で行武忠幸容疑者は、息子とみられる男性を吊らせてしまった後に通行人に110番通報をしているんです。

そして先程も行武忠幸容疑者の顔画像やプロフィールのところで記述をしましたが、行武忠幸容疑者は心中を図ろうとしていたみたいなんですね。

この行動から、今回の行武忠幸容疑者は意図的な犯行というよりも偶然起きてしまった犯行と捉えた方が自然でしょう。

世間の声のうちにもこのようなものがありましたが、まさにその通りだったのかもしれません。

行武忠幸容疑者の出逢い岬事件の概要

最後に今回の事件の概要をご紹介していきます。

行武忠幸容疑者とその息子と見られる男性が、岡崎市から出逢い岬まで行く

行武忠幸容疑者が息子と見られる男性に首を吊らせる

その後に自分も首を吊ろうとするがやりきれず、16日の午前6時に通行人に通報を依頼

事件が発覚、逮捕に至る

なかなか悔やまれる事件ですが、これも行武忠幸容疑者自身が行ったことですので仕方がないことですね…。

〈スポンサーリンク〉

-事件・事故

© 2022 キシリ情報局